特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第76期名人戦・A級順位戦最終日 史上初6人のプレーオフ 将棋界の一番長い日

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
A級順位戦最終局の感想戦で対局を振り返る三浦弘行九段(左)と渡辺明棋王(右)=静岡市葵区の浮月楼で3日午前0時10分、丸山博撮影
A級順位戦最終局の感想戦で対局を振り返る三浦弘行九段(左)と渡辺明棋王(右)=静岡市葵区の浮月楼で3日午前0時10分、丸山博撮影

 第76期名人戦(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)は2日、静岡市葵区の浮月楼でA級順位戦の最終11回戦が同市などの後援で行われ、佐藤天彦(あまひこ)名人への挑戦者争いは史上初の6人によるプレーオフとなった。また、渡辺明棋王、行方尚史八段、屋敷伸之九段の降級が決まった。約15時間に及んだその模様をお届けする。【山村英樹】

 佐藤天彦名人が稲葉陽八段の挑戦を退けて4勝2敗で初防衛を果たした第75期を終え、第76期のA級順位戦は昨年6月に始まった。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文1990文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集