メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/214 第6章 22=高村薫 多田和博・挿画監修

 週明けの午後、警大では刑事教養部の合田の講義が続く。事故か事件か。殺人か傷害致死か。犯罪現場での擬律判断の実例は、その日も野川事件の被害者の写真と鑑識の作成した実況見分調書を使って説明が進む。実際、当時は股関節に障害のある被害者が、遊歩道から下の川岸まで、何かの拍子に歩行車ごと転がり落ちた事故の可能性もないことはなかったほか、誰かに突き落とされたにしても、こめかみの挫滅創は転げ落ちたときに歩行車がぶつかったものか、あるいは倒れた被害者を犯人が歩行車で殴打したものか、一目瞭然というわけでもなかったのだ。

 そのため、被害者と同じ体格の人形を使って、遊歩道に置いた歩行車から突き落としたり、歩行車ごと転落さ…

この記事は有料記事です。

残り640文字(全文944文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 IT講師刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
  2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
  3. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  4. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]