メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

親ありて

サッカー日本代表選手 原口元気さんの両親 一さんと玲子さん/下 W杯での活躍、心待ちに

一さんと玲子さん

 幼少期から順調に選手として歩んできたサッカー日本代表FW原口元気選手(26)。だが、2012年ロンドン五輪や前回(14年)のワールドカップ(W杯)ブラジル大会の日本代表には選出されなかった。予選に招集されても、本戦には呼ばれなかった。

 14年5月、ブラジル大会での代表入りを逃した原口選手は、直後にドイツ1部リーグのヘルタへの移籍を発表した。中学1年から地元の浦和レッズ一筋に歩んできた原口選手の23歳での決断。本拠地の埼玉スタジアム(さいたま市)で行われた記念セレモニーでは、多くのサポーターが手作りの横断幕を掲げて見送った。原口選手は「この先は僕は世界に行きます。必ず日本一の選手になってきます」と宣言した。だが、父一さん(57)はあいさつに不満だった。「世界にこれから出て行く選手が日本一なんて、『何言ってるんだ』って散々言いました」と苦笑いする。

 ドイツに渡った原口選手は、日本との違いに驚く。母玲子さん(58)に「ドイツでは、攻撃から戻ってディフェンスして、ダッシュで駆け上がって点を取ることができないと絶対に試合に出られない」と話した。レッズ時代はドリブルや得点力といった攻撃面を強みとしてきたが、守備や走りにも重きを置くことになった。

この記事は有料記事です。

残り944文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日本銀行が国内株の最大保有者に浮上 時価45兆円 GPIFを抜いたか

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. 「NEWS」メンバーがコロナ感染 加藤シゲアキさんと小山慶一郎さん

  4. 重症者440人 急速に状況悪化 病床使用率も全国的に上昇 医療崩壊懸念

  5. 大都市部高止まり傾向 東京561人、大阪463人 全国最多更新 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです