メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

生きた脳内、光で観察 従来の1400倍明るく 理研が開発

生きたまま脳が発光しているマーモセット=理化学研究所提供

 <ピックアップ>

 生きた動物の脳内を光で観察できる新しい生物発光システムを開発したと、理化学研究所の宮脇敦史チームリーダーなどのグループが米科学誌サイエンスに発表した。マウスや、人間に近い小型霊長類のマーモセットで効果を確認したという。従来の発光システムの最大約1400倍の明るさがあり、脳の働きの解明に応用できるとしている。

 グループは「基質」と呼ばれる物質と、酵素が化学反応を起こして発光するホタルの発光システムに着目。脳…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文523文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです