メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン前会長ら起訴 役員報酬虚偽記載で
原爆症認定訴訟

逆転勝訴 80代姉妹、認定 「経過観察も要医療性」 名古屋高裁

 新基準で原爆症認定申請を却下された被爆者2人が国を相手に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は7日、請求を棄却した1審・名古屋地裁判決を変更し、2人を原爆症と認めた。

 1審判決は2人の疾病を放射線の影響と認めたものの「積極的な治療行為を伴わない経過観察が必要な状態」で、認定の要件になる「要医療性」がないとしたが、高裁判決は経過観察も要医療性が認められると判断した。

 訴えていたのは、長崎市で被爆した山田初江さん(85)と妹の高井ツタヱさん(82)。山田さんは肺がん…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです