メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

真野恵里菜

野島伸司作品で結婚の“夢”崩れる…

「彼氏をローンで買いました」大ヒット祈願イベントに登場した真野恵里菜さん

 女優の真野恵里菜さんが8日、映像配信サービスdTVとFOD(フジテレビオンデマンド)で配信されるドラマ「彼氏をローンで買いました」の大ヒット祈願イベントに登場。専業主婦を目指す主人公・浮島多恵を演じる真野さんは「私も、『結婚したら夢が待ってる』という多恵目線」と、自身の結婚観を明かしたが、「撮影が進むにつれて、だんだん私も、現実を突きつけられるというか……。『え、結婚ってそんなに大変なの?』って思った」と、撮影中の複雑な思いを語った。

 ドラマは、エリート彼氏と結婚をして専業主婦になるという夢を持つ受付嬢の主人公が、夢をかなえるために、猫をかぶりながら社会で奮闘するも、ストレスのたまる毎日に不安をおぼえ、ストレス発散のために月額3万9800円のローンで彼氏を“購入”する……という物語。「高校教師」や「未成年」などの野島伸司さんが脚本を手がけている。真野さんは「野島さんの作品は愛を語ることが多い。(今回の話は)よく分からないなと、正直最初は思いましたけれど、やっていくにつれ、今の時代の恋愛や結婚、浮気とか(が描かれていて)、現実を突きつけられる」といい、「野島さんに夢を崩されている感じで、ちょっとつらいな、と思いつつ撮影しています」と苦笑いした。

 イベントには、ローン彼氏の刹那ジュンを演じた横浜流星さんも登場。真野さんが「とにかくせりふが多い。でも、誰も台本を現場に持ち込まないんですよ。私は主役だし、しっかりしなきゃって、前の日に寝落ちしながら頑張って覚えています」と苦労を語ると、横浜さんは「真野ちゃんは第3話で、膨大なせりふを延々と話すけれど、NGなしでぱっと決めちゃうんで、僕も頑張ろうと思った」と絶賛して、真野さんを恐縮させていた。ドラマはdTVとFODで9日に配信開始。 

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]