メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手

震災被災の職人 ディズニーのオール作りに注力

オリエンタルランドから注文があったオールの製作に取り組む三浦勝広さん。オールの反りを見る目は真剣で職人の誇りがみなぎる=岩手県宮古市上町の作業場で2018年2月16日、鬼山親芳撮影

 岩手県宮古市鍬ケ崎上町の三浦櫓櫂(ろかい)店に、テーマパークの東京ディズニーシーを経営するオリエンタルランド(千葉県浦安市)からアトラクションのゴンドラ船に使うオール(櫂)の注文があった。東日本大震災で被災し、チョウナとマサカリ、カンナが手元に残った主人の三浦勝広さん(76)。頭に手ぬぐいを巻き付け、職人としての腕を久しぶりに振るっている。【鬼山親芳】

 注文があったのは昨年8月。「オール6本を作ってほしい」と依頼を受けた。材料はミズナラと指定もあり、…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文780文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  3. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  4. 大阪震度6弱 震源はひずみ集中帯 水平、垂直ずれ同時に
  5. 大阪震度6弱 「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]