メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

岩手

震災被災の職人 ディズニーのオール作りに注力

オリエンタルランドから注文があったオールの製作に取り組む三浦勝広さん。オールの反りを見る目は真剣で職人の誇りがみなぎる=岩手県宮古市上町の作業場で2018年2月16日、鬼山親芳撮影

 岩手県宮古市鍬ケ崎上町の三浦櫓櫂(ろかい)店に、テーマパークの東京ディズニーシーを経営するオリエンタルランド(千葉県浦安市)からアトラクションのゴンドラ船に使うオール(櫂)の注文があった。東日本大震災で被災し、チョウナとマサカリ、カンナが手元に残った主人の三浦勝広さん(76)。頭に手ぬぐいを巻き付け、職人としての腕を久しぶりに振るっている。【鬼山親芳】

 注文があったのは昨年8月。「オール6本を作ってほしい」と依頼を受けた。材料はミズナラと指定もあり、…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文780文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 東名あおり、石橋被告に懲役18年 危険運転致死傷罪を認める
  5. 注意され「カチンときた」 東名あおり事故、被告人質問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです