メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筥崎宮

大鳥居、4月末までに解体 惜しむ声 福岡

解体工事が始まる筥崎宮の大鳥居=福岡市東区で2018年3月8日午前11時25分、川上珠実撮影

 福岡市東区の筥崎宮で、国道3号に面して建つ大鳥居(高さ約16メートル)の解体工事が進んでいる。老朽化で一部がはがれ落ちる恐れがあるためで、4月末までに取り壊される。長年親しまれた大鳥居がなくなることに、地元住民からは惜しむ声が上がっている。

 筥崎宮によると、大鳥居は1930年に境内の一之鳥居(国指定重要文化財)を模して建てら…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放
  2. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去
  3. 地面師事件 なぜ、積水ハウスはだまされたのか
  4. 赤痢菌 宿坊で42人感染 湯葉刺しなど食べる 山梨 
  5. 将棋 藤井七段、最年少新人王に 31年ぶり更新

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです