筥崎宮

大鳥居、4月末までに解体 惜しむ声 福岡

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
解体工事が始まる筥崎宮の大鳥居=福岡市東区で2018年3月8日午前11時25分、川上珠実撮影
解体工事が始まる筥崎宮の大鳥居=福岡市東区で2018年3月8日午前11時25分、川上珠実撮影

 福岡市東区の筥崎宮で、国道3号に面して建つ大鳥居(高さ約16メートル)の解体工事が進んでいる。老朽化で一部がはがれ落ちる恐れがあるためで、4月末までに取り壊される。長年親しまれた大鳥居がなくなることに、地元住民からは惜しむ声が上がっている。

 筥崎宮によると、大鳥居は1930年に境内の一之鳥居(国指定重要文化財)を模して建てら…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

注目の特集