メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

筥崎宮

大鳥居、4月末までに解体 惜しむ声 福岡

解体工事が始まる筥崎宮の大鳥居=福岡市東区で2018年3月8日午前11時25分、川上珠実撮影

 福岡市東区の筥崎宮で、国道3号に面して建つ大鳥居(高さ約16メートル)の解体工事が進んでいる。老朽化で一部がはがれ落ちる恐れがあるためで、4月末までに取り壊される。長年親しまれた大鳥居がなくなることに、地元住民からは惜しむ声が上がっている。

 筥崎宮によると、大鳥居は1930年に境内の一之鳥居(国指定重要文化財)を模して建てら…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
  2. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  3. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  4. はやぶさ2 リュウグウ、まるで「そろばん玉」 画像公開
  5. コンビニ駐車場 男性刺される 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]