メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文化庁

JASRACの徴収開始を認める裁定

係争中の教室に支払いの督促しないよう求める行政指導も

 日本音楽著作権協会(JASRAC)が全国の音楽教室に著作権使用料の支払いを求めたのに対し、音楽教室側が文化庁に徴収保留を求める裁定を申し入れていた問題で、文化庁の宮田亮平長官は7日、徴収開始を認める裁定を下した。ただ、JASRACに対して、係争中の教室には支払いの督促をしないよう求める行政指導も行った。2001年に裁定制度を盛り込んだ著作権等…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです