メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中塩美悠の青いバラ

故郷の舞台で後輩と共に(最終回)

妹尾日菜子選手(左)と共に=中塩美悠さん提供

 先月、平昌冬季オリンピックが開催されました。多くの日本人選手の活躍に興奮し、思わず見入ってしまいました。フィギュアスケートでは、どの選手からも今までにない気迫が伝わり、この大舞台に全てを懸けて練習してきたのだろうという思いで胸がいっぱいになりました。中でも兵庫・西宮の同じチームに所属する田中刑事選手の演技のときには、なぜか私が人一倍緊張し、他の選手とはまた違った感情がこみ上げました。

 ちょうどその頃、私は地元である広島市で行われていた「スケートヒロシマ」という地方大会に出場していま…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 過激ゆるキャラ「ちぃたん☆」に頭抱える高知・須崎市 「観光大使」自称
  2. 稀勢の里引退会見「土俵人生に一片の悔いもない」
  3. 横綱・稀勢の里引退 初場所3連敗、再起ならず
  4. ミニスカ「性犯罪誘う」に批判 菅公学生服が不適切表現を謝罪
  5. 広河氏「セクハラ、立場を自覚せず」 写真界の「権力者」暴走の背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです