参院本会議

野党欠席 森友文書、ゼロ回答に反発

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 民進党など野党6党は9日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の書き換え疑惑で、同省の説明が不十分だとして参院本会議を欠席した。野党は衆院でも午前中の委員会に出席せず、国会は不正常な状態が続いている。

 参院では8日、一部を除く野党が予算委員会を欠席した。自民、公明両党は2018年度予算案と予算関連法案の審議日程を確保するため、野党の欠席戦術には乗らず、9日も予定通り参院本会議を開催。財務省所管の所得税法改正案の質疑を行った。衆院外務、内閣、厚生労働の3委員会も野党欠席…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文625文字)

あわせて読みたい

注目の特集