メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

保護主義鮮明に トランプ氏、輸入制限に署名

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は8日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を決め、保護主義政策に向かう姿勢を鮮明にした。輸入増加で国内関連産業が衰退し、「国家安全保障上の脅威になる」と主張するが、例外扱いの条件に通商交渉での譲歩を持ち出すなど、自国に有利な状況を作ろうとする狙いもある。

 トランプ氏は署名式で日本や中国を名指しし、「多くの政治家がかつて誇らしかった産業の衰退を嘆き、多くの国が世界的な生産過剰を批判してきた。しかし、誰も行動しなかった」と述べ、自らの判断を誇らしげに語った。ホワイトハウスによると、中国による過剰生産を主因に2000年以降、米鉄鋼・アルミ産業では約10万…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文740文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特集ワイド 「ゲッベルスと私」 全体主義描いた映画、続々公開 同じ過ちを犯さぬために
  2. 大阪震度6弱 市長、ツイッターで「全校休校」 現場混乱
  3. 介護 職員へのセクハラや暴力が深刻 上司に訴えても「あんたが悪い」
  4. ロシアW杯 日本女性に下品な言葉 コロンビアで問題に
  5. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]