メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

店再建、復興ゴールに 夫が単身赴任、資金集め…常連客戻り涙 岩手・陸前高田

空き地の目立つ中心市街地で、和食屋「味彩」ののれんをかける阿部昌浩さんと裕美さん=岩手県陸前高田市高田町で、2018年2月、後藤結有撮影

 昨年12月、岩手県陸前高田市のかさ上げされた中心市街地に和食店「味彩(あじさい)」ののれんが掛けられた。東日本大震災の津波で店を失ってから6年9カ月。店主、阿部昌浩さん(50)と妻裕美さん(50)は「陸前高田に戻ることしか考えていなかった。店の再建は家族にとって復興のゴールだった」と話す。

 震災は開業から15年目に起きた。店は跡形もなくなった。昌浩さんは同県北上市の居酒屋で働き出し、週末だけ陸前高田に帰る単身赴任の生活を始めた。津波で両親が行方不明になっていた裕美さんは陸前高田に残り、災害FMのスタッフなどとして働いた。

 昌浩さんが東京都内のホテルで腕を磨いて独立し、故郷に錦を飾る形で開業した店だった。二人は「陸前高田…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文678文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

  3. まさに「雪乞い」 東京五輪の暑さ対策、少雪でピンチ 豪雪の南魚沼

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 河井案里議員が登院「区切り付いたら説明したい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです