メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・とうほくの今

「心の風化」防ぐ 自戒込め「人の口で伝承を」 陸前高田の75歳語り部・実吉義正さん /岩手

被災地を巡るツアーでガイドを務める実吉義正さん=陸前高田市で

 陸前高田市の実吉義正(みよしよしまさ)さん(75)は、東日本大震災の被災地での語り部活動や講演で津波被害や教訓を県内外の人たちに伝えてきた。その数は約14万人に上る。「おらが町は大丈夫だっていう気持ちがあった。だから、海に向かってどんどん町が造られていった。心の風化があったんだ」。自戒を込めて訴える。【後藤結有】

 1960年のチリ地震を含め、過去3度の大津波に襲われた陸前高田市で生まれ育った。チリ地震では、水が…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文796文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]