メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災7年・首長に聞く

遠藤雄幸・川内村長 新たな教育制度必要 保育所から15歳まで一貫 /福島

昨年4月にあった「第2回川内の郷かえるマラソン」には全国から約1500人のランナーが参加した

 --村内への住民の帰還状況は?

 川内村民向けの仮設住宅の提供が昨年3月に終わり、翌月にかけて村に戻った人が一気に7割から8割に増えた。村外の賃貸住宅で避難を続ける人への家賃補助も来年3月末で終わるので、それを機に戻る人もいると思う。ただ、死亡による自然減を考えると、今の居住者数が最大に近いのではないか。

この記事は有料記事です。

残り1154文字(全文1307文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです