メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いばらき魅力見つけ隊

古河・「農泊」体験ツアー 古民家に再びにぎわいを /茨城

改修工事の進む現在の山川邸=古河市恩名で

 古河市にある豪農の古民家を使った「農泊」体験ツアーが17、18日に予定されていると聞き、先回りして訪ねてみた。

 古河市恩名の「山川邸」に近づくと、咲き誇る梅の花の香りがしてきた。門をくぐると、周囲を高い木々に囲まれ、隠れるように建つ2階建ての木造家屋が見えた。築約140年だという。

 記者が8日に現地を訪れた時、ツアーに向けて内装工事を急いでいる最中だった。少しだけ室内を見せてもらうと、1階は6間あり、合計52畳もの広さがあった。2階は板の間で四方に窓があり、すべて開けると、さわやかな風が吹き抜けた。古河市は明治から昭和にかけて養蚕など製糸業が盛んで、山川邸の2階でも蚕を飼っていたという。

 山川家は江戸期、村のとりまとめ役である「名主」で、家には人々が集っていたという。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文866文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです