メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブルセラ症

県内獣医師が発症 感染源わからず /千葉

 県は8日、鴨川市内の病院に入院中の県内の50代男性獣医師が、犬や豚などの動物から人に感染し発熱や関節痛などを発症するブルセラ症と診断されたと発表した。県内での発症例は、同疾患が国の定める四類感染症に指定された1999年以降初めて。

 県疾病対策課によると、男性は昨年12月に両手のしびれなどを訴えて入…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文273文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 警部補が東京・町田のコンビニトイレに拳銃置き忘れ 客が警察に届ける

  2. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  3. ORICON NEWS れいわ・山本太郎代表、足りないもの聞かれ”皮肉”「有権者を飲み食いさせる権力」

  4. 板橋区議に「なめてると海に沈められるよ」 恐喝未遂容疑で32歳女を逮捕

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 中村哲医師の悲報 安倍政権の冷ややかな反応

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです