メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドン繁盛記

昭和外伝/6 楽士・中沢寅雄の手記(1) 丁稚奉公、転々と /東京

 「恥と義理と人情はかきなれているが、文字は書けない、笑われるのを覚悟で書く」

 中沢寅雄(1914年生まれ、故人)の手記は、そんな謙遜の言葉で始まっている。昭和初期から楽士として活躍した中沢はとてもきちょうめんで筆まめだったので、付き合いのあるチンドン屋の名簿を作成し、エピソードをつづり、また譜面も独学で書き起こし、惜しまず若い楽士に与えてチンドンの定番曲を伝えた。さらに自らの体験を記したノート2冊が残っている。ご遺族のご厚意で手にすることができたが、これは草創期のチンドン屋が自ら書いた、多分唯一の貴重な記録である(*注)。

 中沢は父母と彼以外は女ばかりの5人きょうだいで、物心つく5歳頃には、父は埼玉県・入間川の製糸工場に…

この記事は有料記事です。

残り1397文字(全文1712文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです