にいがた酒の陣

いよいよ 朱鷺メッセで10・11日、500銘柄飲み比べ 蔵元と対話できる機会 /新潟

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
毎年大盛況の「酒の陣」=新潟市中央区で
毎年大盛況の「酒の陣」=新潟市中央区で

 県内85蔵元の500銘柄を超す日本酒を飲み比べできる「新潟淡麗 にいがた酒の陣2018」が10、11日の2日間、新潟市中央区の朱鷺メッセで開かれる。昨年は2日間で過去最多の約13万人が来場した新潟が誇る全国有数の日本酒イベント。今年も昨年とほぼ同数の来場者が見込まれており、春の訪れを待つ人々が美酒に酔いしれる、騒がしい2日間となりそうだ。【後藤結有】

 同イベントは2004年に県酒造組合の50周年を記念して行われたのを皮切りにほぼ毎年行われており、今年で14回目。昨年までの累計来場者数は約112万人にのぼる。

この記事は有料記事です。

残り927文字(全文1184文字)

あわせて読みたい

ニュース特集