メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新潟港

開港150年菓子開発 専門学校生や古町芸妓ら、試食会で披露 /新潟

パンケーキの上に乗せられた綿菓子にシロップをかけ、見た目の変化を楽しむ芸妓たち=新潟市中央区で

 新潟市の専門学校生や古町芸妓(げいぎ)たちが、来年の新潟港開港150年を記念したお菓子の開発を進めている。県や新潟市が始めた「Nii port(ニイポート)」ブランドを冠する商品開発の第1弾。1日には同市中央区で試食会を開き、パンケーキやクッキーなどの試作品を県内の菓子職人らに披露した。【井口彩】

 お菓子を開発しているのは「にいがた食育・保育専門学校えぷろん」の学生5人と芸妓2人の計7人。昨年12月から意見…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  3. 西日本豪雨 不明の犬1匹を保護 福岡
  4. プラスチック危機 海流入、50年までに魚の総重量超え?
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]