メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者就労継続支援B型事業所

工賃増、3度目の挑戦 県、事業所特性に応じた支援へ 二極化も課題 /鳥取

月額334円~4万6201円

 県は「障害者就労継続支援B型事業所」の平均工賃について、2023年度までに3万3000円以上へ引き上げることを目指す。今年度までの第2期「県工賃3倍計画」で掲げていた目標が未達成に終わったため、現在作成中の第3期計画に具体的な取り組みを明記。共同作業所の活用などで工賃の底上げを図り、障害者の自立や社会参加を促したい考えだ。【小野まなみ】

 県は08年、工賃3倍計画を初めて作成。11年度までに、平均工賃の月額を06年度(約1万1000円)…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1049文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都
  3. 台湾特急脱線 「自動制御保護システム切った」と運転士
  4. 対中国ODA 終了へ 累計3.6兆円、首相が訪中時伝達
  5. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです