メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者就労継続支援B型事業所

工賃増、3度目の挑戦 県、事業所特性に応じた支援へ 二極化も課題 /鳥取

月額334円~4万6201円

 県は「障害者就労継続支援B型事業所」の平均工賃について、2023年度までに3万3000円以上へ引き上げることを目指す。今年度までの第2期「県工賃3倍計画」で掲げていた目標が未達成に終わったため、現在作成中の第3期計画に具体的な取り組みを明記。共同作業所の活用などで工賃の底上げを図り、障害者の自立や社会参加を促したい考えだ。【小野まなみ】

 県は08年、工賃3倍計画を初めて作成。11年度までに、平均工賃の月額を06年度(約1万1000円)…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1049文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]