メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石牟礼道子さん死去

足跡回顧、パネルや直筆原稿など展示 水俣病資料館 /熊本

水俣市立水俣病資料館で開かれている石牟礼道子さんの回顧展

 代表作「苦海浄土」などを残して2月10日に90歳で亡くなった作家、石牟礼道子さんの足跡を回顧する展示会が、水俣市の市立水俣病資料館で開かれている。入館無料。

 回顧展では、2006年に同資料館で開かれた企画展「石牟礼道子の見た水俣病」で展示されたパネル16枚を改めて展示。妻、母としての姿▽1973年にチッソ本社であった東京交渉への参加▽水俣湾埋め立て地での新作能「不知火」の上演(2004年)▽水俣病患者らと立ち上げた「本願の会」の活動…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです