メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

石牟礼道子さん死去

足跡回顧、パネルや直筆原稿など展示 水俣病資料館 /熊本

水俣市立水俣病資料館で開かれている石牟礼道子さんの回顧展

 代表作「苦海浄土」などを残して2月10日に90歳で亡くなった作家、石牟礼道子さんの足跡を回顧する展示会が、水俣市の市立水俣病資料館で開かれている。入館無料。

 回顧展では、2006年に同資料館で開かれた企画展「石牟礼道子の見た水俣病」で展示されたパネル16枚を改めて展示。妻、母としての姿▽1973年にチッソ本社であった東京交渉への参加▽水俣湾埋め立て地での新作能「不知火」の上演(2004年)▽水俣病患者らと立ち上げた「本願の会」の活動…

この記事は有料記事です。

残り329文字(全文548文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 読谷村 高2少女が生後5カ月妹抱いて逃げ…不法侵入疑いの米兵不起訴 村長強い憤り/沖縄
  2. はやぶさ2 探査ロボ、リュウグウ着陸 表面跳びはね撮影
  3. 訃報 国友やすゆきさん65歳=漫画家、「100億の男」
  4. CINEMA 響-HIBIKI- /愛知
  5. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです