メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外GDP年6.3%減 5四半期ぶりマイナス 消費増税響く
森友学園

国有地売却問題 文書書き換え疑惑 またゼロ回答 参院予算委、多くの野党欠席

森友学園を巡る財務省文書

 学校法人「森友学園」への国有地売却に関する決裁文書が書き換えられたとされる疑惑を巡り、財務省は8日、参院予算委員会の理事会に文書の写しを提出した。参院などに過去に開示済みの文書と同じで、書き換え前と後の2種類の文書の存否は示さなかった。6日の国会報告に続く同省の「ゼロ回答」に立憲民主、民進、共産などの野党は猛反発。この日の予算委集中審議は、多くの野党が終日欠席したまま行われる不正常な状態に陥った。

 財務省は理事会で、写しの基になった文書は大阪地検に提出しており、近畿財務局にあるのは今回の写しが全てだと説明。ただ書き換えの有無については「調査中」として明言せず、この日提出されたのも、これまでに野党が入手していた文書だけだった。

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文869文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船内待機 米、感染急増で"評価見直し" チャーター機16日到着 新型肺炎

  2. 低体温症などで42人救急搬送 1人が意識不明 熊本城マラソン、降雨影響

  3. 公文書クライシス 「解釈、どうとでも」 "保存1年未満"文書破棄記録ゼロ 情報公開、ルール骨抜き

  4. 名古屋市、感染確認夫婦利用の電車など公表 「夫から感染」の可能性

  5. 国立大5校、授業料値上げ 昨春以降 学生ら、説明不足批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです