メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/6 「糸へん」から総合へ

人と車でごった返す大阪・船場地区=1966年撮影

 琵琶湖の東、滋賀県豊郷(とよさと)町の旧中山道沿いに、伊藤忠商事の始祖である近江商人の伊藤忠兵衛が暮らした商家が残る。築136年。玄関には忠兵衛の名前が記された大きなちょうちんがつるされ、帳場には古いそろばんや帳簿が置いてある。現在は記念館として公開されており、毎年、伊藤忠の新入社員や幹部ら数百人が研修に訪れる。

 三方よし--。「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」を表す近江商人の精神だ。「単なる利益競争でな…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1156文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです