メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

布施広の地球議

米政治家もつらい

 政治家は圧力団体に気を使うものだが、米国の政治家は特に大変に見える。中でも「全米ライフル協会(NRA)」やユダヤ系組織ににらまれると、首筋が寒くなるらしい。

 50代後半のM氏としておこう。米国の元上院議員である。議員になる前は連邦議会の共和党スタッフで、日本や北朝鮮、中国の動きにも詳しかったので私とは顔見知りだった。

 ところが、突然「選挙に出る」と言ってワシントンを去り、中西部の州で下院選に出馬した。2000年の秋だが、陣中見舞いに行くとどうも元気がない。戦況が思わしくないのだ。

この記事は有料記事です。

残り734文字(全文977文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

  2. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  3. 国連事務総長が声明「核なき世界へ重要な一歩」 核兵器禁止条約発効

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです