メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ホロコースト

法巡り対立 ポーランド加担「誤解」/イスラエル「事実隠す」

 【ウィーン三木幸治】ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)に関するポーランドの法律について、イスラエルが猛反発している。法律は、ナチスの犯罪に「ポーランド国民が加担した、または責任があると公の場で非難」することを禁じるもの。だがイスラエル側は、ポーランド人が個別にホロコーストに関わった例があるとしており、「歴史の書き換えだ」(ネタニヤフ首相)と非難している。

 法律制定の背景には、ホロコーストを巡る「誤解を防ぎたい」というポーランド側の長年の思いがあった。ポ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 東京・池袋の暴走 1カ月 「50年無事故だったのに」 7年前女性死なせた運転者 能力低下、自覚遅れ
  3. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  4. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  5. 丸山穂高議員、露に謝罪の維新を批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです