メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

市川英樹さん=田んぼアートに取り組む元原発作業員

愛知県豊田市出身。福島県いわき市四倉(よつくら)町に1人で暮らし、知り合いの農家や飲食店を手伝っている。

市川英樹(いちかわ・ひでき)さん(46)

 愛知県で溶接工など職を転々としていたが、金を稼ごうと福島第1原発の作業員になった。福島県の人の温かさにほれ込み、いわき市に移住。古代米など色の異なる稲で水田に絵柄を描く「田んぼアート」に取り組む。「福島に年間30万人を集めたい」と夢を描く。

 求職中だった2014年、ハローワークで「月給70万円以上」の条件で検索。目にとまったのが原発作業員だった。

 同年6月から大手ゼネコンの孫請けの作業員として、土壌を凍らせ地下水の流入を防ぐ「凍土遮水壁」の建設…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自民党総裁選 石破氏、「応援なら大臣辞めろ」はパワハラ
  2. 質問なるほドリ NHK受信料、支払いは義務? テレビ設置日から 最高裁が初判断=回答・伊藤直孝
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. NHK受信料 憲法判断 契約成立時期なども あす最高裁判決
  5. 宮城県警 交番で警官刺され死亡、男撃たれ死亡 仙台

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです