メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

この舞と唄、残したい 集落の誇り、民俗芸能

 田植え踊りや虎舞など、東北の太平洋沿岸部に伝わる数多くの個性豊かな民俗芸能が、東日本大震災とその後の東京電力福島第1原発事故で深刻な影響を受けた。福島では、長期避難などにより沿岸部の民俗芸能約350のうち200前後が今も活動を休止したまま。宮城や岩手でも、集団移転や人口流出による担い手不足が暗い影…

この記事は有料記事です。

残り143文字(全文293文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]