メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第76回全日本学生児童発明くふう展

光る好奇心と想像力

内閣総理大臣賞「Clean&easy」

 第76回全日本学生児童発明くふう展(発明協会主催、毎日新聞社など後援)で、北海道伊達市立伊達小6年、松岡陽(はる)さん(12)の「車輪形状変形システム」が最高賞の恩賜記念賞に選ばれた。「もっと楽に動かせる車椅子を作りたい」。学校の授業で考えたことを試行錯誤の末、形にしたスマートな作品だ。同展に応募のあった7419点から、最高賞と特別賞の計14作品を紹介する。

 ■「Clean & easy」

 スーパーなどで使用されているロール状ビニール袋の口を開けるために考案した作品です。ビニール袋を滑り止めのついた板に当てながら引っ張ると、手拭き布を触らずに清潔、簡単に開けることができます。

この記事は有料記事です。

残り2664文字(全文2956文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3歳児虐待死 コロナで家庭訪問できず、市リストから漏れ 福岡・中間

  2. 少人数学級の導入 財政審は否定的「効果はないか、あっても小さい」

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  5. 札幌で最多46人感染 芸能事務所でクラスター「メンバー体調不良でもイベント」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです