メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/215 第6章 23=高村薫 多田和博・挿画監修

 合田が警大を出て友人のいる病院へ向かったころ、多磨霊園では、浅井隆夫が妻の見舞いを理由に管理事務所を早退して霊園の正門を出る。しかし、吉祥寺病院へは裏門から東八道路へ出るべきところ、その足は反対方向の警大へと向かって歩き出すのだ。

 一方、その二時間ほど前には息子の忍も仕事を終えたその足でさいたま市を出ている。 先々週、忍は早々と栂野真弓の自宅をつきとめはしたが、十代のころのように直ちに行動を起こしたわけではなかった。処方薬のせいで重い頭以上に忍の衝動を抑えていたのは、子持ちの母になった真弓にまったくこころが動かなかった予想外の事実だ。十二年前の記憶を喚起してくれそうにないのであれば、付きまとっても意味がない。多少得られるものがあるにしても、警察に通報されて捕まるリスクを秤(はかり)にかけると、もう少し別の手を探すべきかもしれない。そう考える程度には忍は冷…

この記事は有料記事です。

残り575文字(全文958文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  4. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです