メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

11日初日 6場所連続、稀勢休場 左胸完治せず

稀勢の里

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)で東横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が休場することが8日、決まった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が朝稽古(げいこ)後に「左胸がなかなか完治しない。稽古も思うようにできない」と説明。師弟で7日夜に話し合い、8日朝に休場を決めたという。

 年6場所制になった1958年以降で最長となる7場所連続の貴乃花に次ぎ、武蔵丸らと並ぶ6場所連続休場となった稀勢の里。田子ノ浦親方は「こういう結果が続き、悔しさといらだちを持っている」と横綱の気持ちを代弁し、「横綱らしい、周りを納得させられ…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  3. 消えない傷 性的虐待に遭って 第3章/1 風呂は恐怖の時間
  4. 性的暴行 男子高生に 容疑でマッサージ師逮捕 菊池署 /熊本
  5. サッカー日本代表 「会おう」マネの誘い 断った吉田

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]