メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

インクルーシブ教育考えるシンポより 

 障害の有無にかかわらず、すべての子どもが地域の普通学級で学ぶインクルーシブ教育の先進地である大阪府豊中市で「第16回インクルーシブ教育を考えるシンポジウム」(毎日新聞社、豊中市教職員組合主催)が先月17日あり、約150人が参加した。障害のある人がない人と同じ権利を行使するために必要な「合理的配慮」の重要性などが話し合われた。第1部では、堀家由妃代・佛教大准教授(障害児教育)が講演し、第2部は障害のある当事者や保護者、教員らが討論した。詳細を報告する(コーディネーターは遠藤哲也・毎日新聞学芸部副部長)。【反橋希美、倉田陶子、花澤茂人、御園生枝里、写真・大西岳彦】

この記事は有料記事です。

残り3428文字(全文3712文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]