特集

旧優生保護法を問う

旧優生保護法下で不妊手術を強制された障害者らの記録に関する毎日新聞の全国調査で、強制手術を受けた人の約8割に当たる1万2879人の資料が確認できなくなっていることが判明した。「記録のない被害者」をどう特定し、救済につなげるか。

特集一覧

旧優生保護法を問う

強制不妊手術 内容公共性高い 清水勉弁護士/現場に戸惑いも 松原洋子・立命館大大学院教授

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

内容公共性高い 情報公開制度に詳しい清水勉弁護士の話

 過去の法律に向き合って批判するためには、当時の制度を考察しなければならない。どのような人がどのような状況で手術を強制されたのか、個人を識別できないよう配慮した上で可能な限り具体的に開示すべきだ。当事者の障害の症状や審査会の内容は公共性の高い情報であり、個人を特定するだけの情報には当た…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文423文字)

【旧優生保護法を問う】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集