メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

参院本会議

野党6党が欠席 森友文書、ゼロ回答に反発

立憲民主党などの野党が欠席したまま開かれた衆院内閣委員会=国会内で2018年3月9日午前9時12分、川田雅浩撮影

 民進党など野党6党は9日午前、学校法人「森友学園」への国有地売却に関する財務省の決裁文書の書き換え疑惑で、同省の説明が不十分だとして参院本会議を欠席した。野党は衆院でも午前中の委員会に出席せず、国会は不正常な状態が続いている。

 参院では8日、一部を除く野党が予算委員会を欠席した。自民、公明両党は2018年度予算案と予算関連法案の審議日程を確保するため、野党の欠席戦術には乗らず、9日も予定通り参院本会議を開催。財務省所管の所得税法改正案の質疑を行った。衆院外務、内閣、厚生労働の3委員会も野党欠席の…

この記事は有料記事です。

残り377文字(全文628文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです