メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

保護主義鮮明に トランプ氏、輸入制限に署名

 【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は8日、鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を決め、保護主義政策に向かう姿勢を鮮明にした。輸入増加で国内関連産業が衰退し、「国家安全保障上の脅威になる」と主張するが、例外扱いの条件に通商交渉での譲歩を持ち出すなど、自国に有利な状況を作ろうとする狙いもある。

 トランプ氏は署名式で日本や中国を名指しし、「多くの政治家がかつて誇らしかった産業の衰退を嘆き、多くの国が世界的な生産過剰を批判してきた。しかし、誰も行動しなかった」と述べ、自らの判断を誇らしげに語った。ホワイトハウスによると、中国による過剰生産を主因に2000年以降、米鉄鋼・アルミ産業では約10万人が失業。こうした状況が続けば、戦闘機や軍艦など軍需品の製造…

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文817文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです