メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

電撃決定に驚き 韓国「失敗を繰り返さぬ」

 【ワシントン高本耕太、ソウル大貫智子】トランプ米大統領が北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の会談要請を受け入れたと電撃発表した韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は8日の記者会見で、「トランプ大統領の指導力と最大圧力政策が国際社会の結束と重なり、今日の局面を作り出した」と謝意を示した。核問題解決のため米朝対話が必要と繰り返し呼びかけていた韓国政府は、米韓が緊密に連携してきた努力の成果として、国内外にアピールしたものだ。

 鄭氏は会見で「過去の失敗を繰り返さない」と強調。「北朝鮮側の発言に行動が伴うまで、圧力を継続する」と北朝鮮の行動を慎重に見守る姿勢も示した。1990年代の米朝協議や2000年代後半の非核化に向けた6カ国協議のプロセスで、北朝鮮は何度も核・ミサイル開発の凍結を約束しながら、挫折したためだ。4月末の南北首脳会談に向け、非核化に向けたプロセスについて米国と今後も具体的な協議を続けるとみられる。

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文733文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  2. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  3. 「楽しみあい、渡しあう家族」主演ニノが語る映画「浅田家!」 10月2日公開

  4. 不仲の夫の食事に洗剤 暴行容疑で妻を書類送検 神奈川県警

  5. 虫歯治療後に2歳死亡 福岡の小児歯科元院長を近く在宅起訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです