メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

神戸・中3自殺

学校側、いじめ気付かず 事実上免責

 神戸市垂水区で2016年10月、市立中3年の女子生徒(当時14歳)が自殺した問題で、市教委の第三者委員会がまとめた調査報告書の全容が判明した。報告書は、容姿の中傷など女子生徒へのいじめを認めたが、学校側は全く気付いていなかったと指摘。ただ、他生徒らから女子生徒の異変の申し出がなかったことを理由に「(自殺の兆候を)教職員が察知するのは極めて困難」として学校側を事実上免責した。自殺の原因も「特定できない」とし、いじめとの因果関係は認めなかった。

 女子生徒の母親は不服として、12日に久元喜造市長に再調査を求める文書を提出する。

この記事は有料記事です。

残り909文字(全文1173文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. オウム死刑執行 「本当の真実なくなった」河野義行さん

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. ナスカの地上絵 新たに「ネコ」発見 ペルー文化省発表

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 「オンブズマン活動するなら市議やめろ」愛知・弥富市議会が辞職勧告を決議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです