メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名鉄空港線

終日運休、鉄橋上で回送停止 空港への足混乱

名鉄の空港線が車両故障のために運転見合わせとなり、常滑駅で代行バスに並ぶ人たち=愛知県常滑市で2018年3月9日午前10時24分、木葉健二撮影

 9日午前6時35分ごろ、愛知県常滑市の名鉄空港線りんくう常滑-中部国際空港間で、中部国際空港発新鵜沼行きの回送電車が停電により緊急停止した。名鉄によると、電車のパンタグラフが破損し架線も損傷しているといい、常滑-中部国際空港間の上下線で運転を見合わせ、破損の原因を調べている。

 電車は回送のため乗客はいなかったが、空港島と知多半島を結ぶ現場の鉄橋上に停車したまま。原因が分からず、終電後に復旧作業を行うため、名鉄は午前11時過ぎ、終日運転見合わせを決めた。名鉄は同7時40分ごろから、常滑-中部国際空港間の代替輸送バスで対応している。

 空港は朝の出発ラッシュ時間帯に当たったが、中部空港会社によると、名鉄線の運転見合わせによる発着便の…

この記事は有料記事です。

残り441文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「真相はどうなっているんだ」 新型肺炎拡大の中国・武漢 ネットで院内感染情報飛び交う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです