メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

将棋

藤井六段、師弟対決に勝利 王将戦予選

感想戦で笑顔で対局を振り返る藤井聡太六段(右)と杉本昌隆七段=大阪市福島区で2018年3月8日午後7時23分、貝塚太一撮影

 中学3年の最年少棋士、藤井聡太六段(15)と師匠の杉本昌隆七段(49)が対局する第68期王将戦(毎日新聞社など主催)1次予選2回戦が8日、大阪市福島区の関西将棋会館であり、藤井六段が千日手指し直しの末、111手で勝った。公式戦初の師弟対決で注目を集め、大勢の報道陣が詰めかけた。3回戦では井上慶太九段(54)と対戦する。

 杉本七段の先手番で午前10時に始まった対局は59手で同一局面が4回繰り返され、無勝負とする千日手が…

この記事は有料記事です。

残り647文字(全文858文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. 競馬 菜七子“伝説V”へ! JRA女性騎手初G1で決める(スポニチ)
  4. さぬき市 2温泉10月廃止方針 入浴施設以外は存続 /香川
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです