メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

航空博物館

三式戦闘機「飛燕」実機など新たに展示 岐阜

「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」で展示される「飛燕」の実機とエンジン=岐阜県各務原市で2018年3月8日午後2時39分、木葉健二撮影

 3月24日にリニューアルオープンする岐阜県各務原市の「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」が8日、報道陣に公開された。展示面積が従来の1.7倍の約9400平方メートルになり、世界で唯一現存する旧日本陸軍の三式戦闘機「飛燕(ひえん)」の実機や小惑星探査機「はやぶさ2」の実物大模型などを新たに展示する。

 同市と岐阜県が共同運営している施設(2階建て)…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  2. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  3. 難病を紹介する動画 人気声優が拡散に一役

  4. 声優の後藤淳一さんがバイク事故で死亡 「名探偵コナン」など出演

  5. CAEBV 娘奪った病気知って 感染判明まで1年超 声優・松来さんの両親、難病指定訴え

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです