メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京女子エロ画祭

エロス通じ女性の内面描く作品増える

東京女子エロ画祭で、作家に質問するゲスト審査員で美術家の柴田英里さん(中央)。映し出されている絵は、香久山雨さんの「死の対は生ではない、性だ」=中嶋真希撮影

 女性が考える「エロス」を表現する「東京女子エロ画祭」が4日、東京都内で開かれた。アダルトビデオ(AV)の脚本家で作家の神田つばきさんらが主催し、今年で5回目。AVなどで表現されるような一般的なエロスとは異なる「生と性」を表現する作品が集まった。神田さんは「エロスを通して女性の内面を映し出す作品が増えた」と話す。【中嶋真希】

 同祭では、写真、アニメーション、映像など本選に選ばれた11作品が紹介された。中学生のころに好きな男…

この記事は有料記事です。

残り1712文字(全文1925文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです