メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

国大協

英語の民間資格など活用のガイドライン案公表

 国立大学協会は8日、2020年度に始まる大学入学共通テストで導入される英語の民間資格・検定試験について、成績の活用法のガイドライン案を公表した。(1)成績が一定水準を満たしていることを各大学の出願資格とする(2)23年度まで併せて実施されるマークシート式試験の得点に加点する--のいずれか、または両方組み合わせることを基本とするとしている。4月以降に正式決定し、加点の具体的な方法などを示す。

 案では、加点について、受験生や高校現場への影響に配慮し「英語全体に占める民間試験の比重について適切なものとなるよう考慮する」と明記した。

この記事は有料記事です。

残り284文字(全文550文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京都内で新たに500人の感染確認 重症者は3人減の59人

  2. 香港の周庭氏に禁錮10月、初の実刑 黄氏は13月半 昨年警察包囲デモ

  3. 特集ワイド 国民・山尾議員、一躍「党の顔」 「永田町の常識」と決別、新たな野党像模索

  4. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

  5. セガサミーがホンダを逆転 小野田、根岸が連続アーチ 都市対抗

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです