メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外日産ゴーン前会長ら起訴 役員報酬虚偽記載で
サッカーキング

バルサ、メッシの契約解除金に不安?「昨夏も十分だと思っていたが…」

情報提供:サッカーキング

メッシは昨年11月にバルサとの契約を2021年まで延長した [写真]=Getty Images
 バルセロナの取締役を務めるパンチョ・シュローダー氏が、同クラブ所属のアルゼンチン代表FWリオネル・メッシの契約解除金について言及した。8日付のスペイン紙『マルカ』が同氏のコメントを伝えている。

 メッシは昨年11月にバルサとの契約を2021年まで延長した。その際に7億ユーロ(約933億円)もの契約解除金が設定され、他クラブがメッシを獲得するためにはこの金額を支払わなくてはならない。

 シュローダー氏はメッシの契約解除金について、同選手をバルサに留めておくために現在は十分な金額であるとの見解を示した。その一方で、昨夏に移籍金2億2000万ユーロ(約290億円)でパリ・サンジェルマンへと移籍していったブラジル代表FWネイマールを引き合いに出し、メッシがバルサでキャリアを終えるのかどうかは未だ分からないとの考えを明らかにした。シュローダー氏はメッシの契約解除金について、以下のように語っている。

「メッシがバルサで引退するために十分と考えられる契約解除金を設定したつもりだ。しかし、未来のことを予測するのは難しい。1年前にネイマールの移籍金を設定した時も、彼をバルサに留めるために十分な契約解除金を設定したと思っていた。しかし、昨夏にそうではなかったことが分かった。近年の移籍市場ではクレイジーなことが起こり得る可能性は十分にある」

【関連記事】
●30歳になったメッシ、UEFAが選ぶ「30の事実」がすごい
●これが最先端の現代サッカー!? 試合中にipadを駆使する監督が登場
●バルサのレジェンドが素敵なサプライズ! 変装してファンとともにプレー
●「死にたい気分だった」…メッシが語る予選敗退の恐怖
●C・ロナとメッシ、FIFA表彰式で和やかに交流…橋渡し役は?

情報提供:サッカーキング

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名あおり運転、被告に懲役23年求刑 遺族「苦しみ味わって」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです