メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

教訓、語り継ぐ 石巻専修大でシンポ 学生が決意 /宮城

「伝承する意義」について語り合う大学生の(右から)永沼悠斗さん、志野ほのかさん、鈴木元哉さん。左は司会の佐藤敏郎さん=石巻市の石巻専修大で

 東日本大震災の記憶と教訓を後世に伝えるため活動する人たちの広域連携組織「3・11メモリアルネットワーク」主催のシンポジウム「伝える力 地域を超えて 世代を超えて」が9日、石巻市の石巻専修大で開かれた。7年前に震災を体験し、未来への伝承を担う大学生3人が登壇し、語り継ぐ決意を語った。

 3人によるトークのテーマは「私たちが語り継ぐ意義」。東松島市で被災した志野ほのかさんは「震災で祖父を亡くし、その後悔をどうにかしなければという使命感から語り部を始めた」と言い、若者の活動は「感じたことをそのままの言葉で伝えられ、同年代の人にもストレートに受け取ってもらえる」と話した。

 女川町内の津波到達点に「女川いのちの石碑」を設置する活動に同窓生と取り組む鈴木元哉さんは「グループ…

この記事は有料記事です。

残り510文字(全文845文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. パチンコ店 戦々恐々 「禁煙なら行かない」の声も
  3. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  4. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  5. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]