メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

自然遊び、子供すくすく 福島から米沢、毎日車で「青空保育たけの子」 必要の限り寄り添う /山形

雨や雪が降れば屋内でも、辺見妙子さん(右)は子供たちを見守ってきた=米沢市上新田の青空保育たけの子で

 福島市のNPO法人「青空保育たけの子」が米沢市で、認可外保育施設を運営している。東日本大震災による東京電力福島第1原発事故の影響を懸念する保護者のため、県境を越えての活動は既に7年目に入った。事故の影響を巡る議論が絶えない中で「選択肢はあるべきだ。必要とされる限り、寄り添っていきたい」と代表理事の辺見妙子さん(57)。福島市に住み、日々の通園を続けている。【野間口陽】

 福島ナンバーの白いワゴン車が停車し、小さな影が次々と元気いっぱいに飛び出してきた。3月の雨が滴る米…

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1018文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 写真にしか見えない“鉛筆画” 作者が語る魅力「複製できない、消しゴムで消せる儚さ」
  2. 札幌の爆発、不動産店で「消臭スプレー100缶ガス抜き」 現場検証始まる
  3. 許さない 性暴力の現場で/4 兄からの虐待 逃げ得…納得できない /群馬
  4. 札幌爆発 周辺住民、不安の夜 150メートル先ガラスも割れ
  5. 電気製品 つなげすぎると火災の危険

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです