メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

東海第2再稼働 「新協定」矛盾多く 周辺5市、権限不明確/従来協定拡大せず /茨城

原電が昨年11月に示した協定案。項目を「実質的事前了解」としながら、「事前了解に関する事項は規定されていない」と矛盾したようにも受け取れる記載がある

 日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働を巡り、原電は月内にも、「実質的事前了解」権を認めるとする新たな安全協定を同村や周辺5市と締結する。しかし権限の中身は不明確になる公算が大きく、県や同村と結ぶ従来の協定と別に新たな協定を結ぶ必要性も含めて多くの矛盾をはらむ。地域住民の納得を担保する協定本来の役割を果たせるかは不透明だ。【玉腰美那子、山下智恵、根本太一】

 「この協定には再稼働及び延長運転しようとする際のいわゆる事前了解に関する事項は規定されていない」

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

  2. コロナ感染、自宅療養中の女性が自殺 「家族にうつしたかも」悩む

  3. 発症10日後には職場復帰できるはずなのに…「万一のため」自宅待機のなぜ

  4. 3次補正予算成立も厳しさ増す政権運営 進む「菅離れ」 五輪、給付金…判断難しく

  5. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです