メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災7年

東海第2再稼働 「新協定」矛盾多く 周辺5市、権限不明確/従来協定拡大せず /茨城

原電が昨年11月に示した協定案。項目を「実質的事前了解」としながら、「事前了解に関する事項は規定されていない」と矛盾したようにも受け取れる記載がある

 日本原子力発電東海第2原発(東海村)の再稼働を巡り、原電は月内にも、「実質的事前了解」権を認めるとする新たな安全協定を同村や周辺5市と締結する。しかし権限の中身は不明確になる公算が大きく、県や同村と結ぶ従来の協定と別に新たな協定を結ぶ必要性も含めて多くの矛盾をはらむ。地域住民の納得を担保する協定本来の役割を果たせるかは不透明だ。【玉腰美那子、山下智恵、根本太一】

 「この協定には再稼働及び延長運転しようとする際のいわゆる事前了解に関する事項は規定されていない」

この記事は有料記事です。

残り804文字(全文1036文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです