メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

ホテルニューオータニ/上 季節を彩る日本庭園 /東京

日本庭園内の一部は、大小の石で表現した枯山水の様式になっている=東京都千代田区紀尾井町のホテルニューオータニで

都心のオアシス後世に

 ビル群の中にたたずむ日本庭園はホテルのシンボルでもある。庭園内には大きな池やしぶきをあげる滝があり、都心にいることを忘れるオアシスのよう。ホテルは江戸時代に彦根藩主、井伊家の中屋敷があった場所にあり、日本庭園は約400年の歴史があるとされる。

 毎年3月下旬から4月下旬にかけ、ソメイヨシノや八重桜など20種類近く桜の花が見ごろを迎える。ツツジ、モミジ、カンツバキ……。さまざまな草木が季節ごとに庭園を彩る。

 ホテルは実業家の大谷米太郎(1881~1968年)が創業した。日本庭園は戦後間もなく外国人の手に渡…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文819文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. スコール疑似体験 「めっちゃ降ってびっくり」 福岡市植物園 /福岡

  2. 明石商、準決勝前にグラウンドで汗 「良い状態保てている」中森はマッサージでケア

  3. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

  4. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  5. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです