メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ぐるっと首都圏・HOTEL夢のひととき

ホテルニューオータニ/上 季節を彩る日本庭園 /東京

日本庭園内の一部は、大小の石で表現した枯山水の様式になっている=東京都千代田区紀尾井町のホテルニューオータニで

都心のオアシス後世に

 ビル群の中にたたずむ日本庭園はホテルのシンボルでもある。庭園内には大きな池やしぶきをあげる滝があり、都心にいることを忘れるオアシスのよう。ホテルは江戸時代に彦根藩主、井伊家の中屋敷があった場所にあり、日本庭園は約400年の歴史があるとされる。

 毎年3月下旬から4月下旬にかけ、ソメイヨシノや八重桜など20種類近く桜の花が見ごろを迎える。ツツジ、モミジ、カンツバキ……。さまざまな草木が季節ごとに庭園を彩る。

 ホテルは実業家の大谷米太郎(1881~1968年)が創業した。日本庭園は戦後間もなく外国人の手に渡…

この記事は有料記事です。

残り555文字(全文819文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 入れ墨 「医療行為に当たらず」 彫り師に逆転無罪
  2. 衆院内閣委 桜田氏、サイバー担当でもパソコン使わず
  3. 大相撲 一人横綱の稀勢の里、4連敗
  4. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  5. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです