特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

STRONG

’18センバツ東邦 部員紹介/6 内野手(2年) 「結果を残す」気合十分 /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
左から大島、鹿嶋、鈴木、楠元の各内野手=東郷町諸輪のグラウンドで 拡大
左から大島、鹿嶋、鈴木、楠元の各内野手=東郷町諸輪のグラウンドで

 鈴木健太 内野だけでなく外野も守れる器用さが特徴で、森田泰弘監督も「攻守共にレベルアップしており非常に良い」と太鼓判を押す。中学時代から守備で周囲に評価されてきた。「センバツでは、誰かと交代という形で試合に出ることになると思う。そこで結果を残して、夏は必ずレギュラーを取る」と気合は十分だ。

 楠元大翔 中学時代に東邦の試合を観戦し、「圧倒的に強く、選手に余裕がある様子に魅了された」という。「どのプレーでも誰にも負けたくない。夏までに絶対にメンバー入りし、甲子園で満足できる活躍をする」と闘志を燃やす。

 鹿嶋一輝 「練習がきつく、選手の層も厚いという厳しい環境」で野球をしたいと考えて入学した。どんなサインにも対応し、細かい打ち分けを得意とする。苦手意識のある守備でも、「こいつに守らせたら完璧だ」と言われることを目標にしている。アクション映画が好きで、特に「エクスペンダブルズ」シリーズのファン。

 大島有貴 チーム内の「いじられキャラ」として周囲に愛されている。「数え切れないほどのあだ名を付けられてきた。もう慣れました」と苦笑いする。やわらかい体を生かした一塁守備が持ち味だが、打撃練習にも力を入れる。【横田伸治】=敬称略、随時掲載

次に読みたい

あわせて読みたい