メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

甲賀選挙不正

焼却処分 「私の票 無駄とは」 神山の有権者憤り /滋賀

 甲賀市選管による昨年10月の衆院選滋賀4区の開票不正で9日、白票水増しの不正隠ぺいのため未開票のまま焼かれた投票用紙は、同市信楽町神山(こうやま)の神山ふれあい会館に開設された第77投票所の約400票だったことが分かった。同日発表した市と市選管は投票した人たちに謝罪するというが、票を焼かれた有権者から怒りの声が聞かれた。

この記事は有料記事です。

残り633文字(全文795文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです