メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

まなびやの宝

大阪市立デザイン教育研究所 天王寺動物園のPRポスター 調べた、作った、1500枚 /大阪

天王寺動物園のポスターを制作する大阪市立デザイン教育研究所の学生たち=大阪市阿倍野区文の里1の同研究所で、藤河匠撮影

 大阪市立デザイン教育研究所(阿倍野区文の里1)の学生が、天王寺動物園(天王寺区)をPRするポスターの制作を続けている。これまでに描き上げた図案は1500枚を超える。学生らは実際に動物園を訪れ、動物を観察し、獣医から聞いた話を参考にして描くため、PRだけでなく学生らにとってもよい学びの機会になっているという。

 デザイン教育研究所は1988年に開設されたデザインの専門課程を学ぶ専修学校。1923年に開校した市立工芸学校(現市立工芸高校)の教育内容を継承し、同校卒業生や他府県からの進学者が学んでいる。

この記事は有料記事です。

残り387文字(全文638文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  2. 乗客らバスでターミナル駅へ 陰性の高齢者ら500人、クルーズ船下船 新型肺炎

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

  5. クルーズ船「乗船」の神戸大教授が対応批判 菅氏は「感染拡大防止を徹底」と反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです